2009年05月27日 20:14

PHP Fatal error: Allowed memory size exhausted の対処

PHP Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted
というエラーが出たときの超その場しのぎの対処法。

PHPソースコードの先頭に以下を記述。
ini_set("memory_limit","256M");

または、.htaccessに以下を記述。
php_value memory_limit 256M
タグ:PHP
カテゴリ:テック
2009/05/27 Wed 20:14 | Comment(3) | TrackBack(1) | テック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました!
どうもありがとうございます。(・∀・)

扱うデータがでかくなる場合は、メモリの消費量をチェックするようにしないといけないですね〜><
Posted by 浜村拓夫 at 2009年10月27日 11:35
こんなにメモリを使わないようすればいいのですが、上限をあげるのはあくまでとりあえずその場しのぎで。
Posted by す at 2009年11月01日 23:33
10日以上もブログの記事リストが読み込めず、とても困っていたのですが、大変参考になりました。
ありがとうございます!
Posted by combatsheep at 2011年12月09日 02:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted
Excerpt: PHPのWebアプリでエラーメッセージが出た。 Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted 解決方法を調べた。 ..
Weblog: 浜村拓夫の世界
Tracked: 2009-10-27 11:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。